積立保険のメリットとデメリット

積立保険とは個人年金保険もその中に入ります。

では積立保険の代名詞個人年金保険とは一体どんな保険の事を言うのでしょうか。

積立保険とは貯蓄性の高いタイプの保険の総称で個人年金保険が代表的です。

夫婦2人の老後に必要と考えるゆとりある老後生活費はおよそ毎月38万円。

それに対して高齢者の1世帯当たりの平均所得金額は約25万円年額にすると156万円も不足しています。

さらに多くの企業の定年退職年齢が60歳がほとんどです。

このような状況の中、公的年金の受給開始年は65歳に引き上げられ将来の生活に大きな影響が考えられます。

未来の自分のために個人年金保険つまり積立保険の検討をすることが必要ということになります。

積立保険の代名詞個人年金のポイントはライフプランに合わせて、確定年金、補償期間付終身年金、終身保険の3種類から選択することができます。

積立感覚で手軽に始められるところに積立保険のメリットがあるとわたしは思います。

また積立保険は年金としてではなく一時金として受け取ることもできます。

一時金の場合は年金として受け取る場合より少ない金額になります。

個人年金保険つまり積立保険は税制適格特約を付加されると一般生命保険料控除とは別枠で所得税で年間5万円、住民税年間最高3万5千円の個人年金保険料控除が受けられます。

積立保険のデメリットは基本的にはほとんどありません。

金銭的に余裕があるならぜひ積立保険を検討するといいと思います。

2011-07-13[積立保険]カテゴリ一覧. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply